ワールドトリガーは週刊少年ジャンプで連載されている大人気バトル作品です!

 

2014年から約1年半アニメ化されていました♪

 

王道である異世界からの侵略者と戦うといったメインストーリーでも大人気ですが、もう一つの戦いでもある人間同士の戦略バトルもとても人気になった要因ですね。

 

今回はそんなワールドトリガーに登場する空閑遊真の正体や技&トリガーに迫っていきます!

ワールドトリガーの空閑遊真について

 

【空閑遊真のプロフィール】

  • 名前:空閑遊真(くがゆうま)
  • 所属:玉狛第二(三雲隊)
  • ポジション:アタッカー
  • 誕生日:7月18日
  • 年齢:15歳の中学生
  • 身長:141cm
  • 血液型:unknown
  • 好きなこと:日本食、父親
  • 声優:村中知

 

ワールドトリガーの主人公の一人で、かなり幼い見た目をした銀髪の少年です。

 

ネイバーとの戦いでピンチに陥っていた修を助けたのがきっかけで修と出会い、物語に深く関わってきます。

空閑遊真の正体は?

 

遊真の正体はネイバーと呼ばれる異世界の人間ですね!

 

ネイバーはこちら側の世界からすれば始末するべき対象なので、序盤はその正体は修以外には隠していました。

 

しかし、正体がバレてしまい命を狙われてしまいますが、持ち前の強さや、修と迅の介入もあり難を逃れます。

 

元来ネイバーは化物みたいな形だったり、人型でも好戦的な存在が多いのですが、遊真は常識が少し欠けてる以外は、話せば分かる至って普通の人間と変わらないのです。

 

なので、ネイバー側の情報を提供するといった条件のもとで見逃される事となるのでした。

遊真の父親について

 

遊真の父親は、ボーダーを結成した人物の1人であり、現在のリーダー上層部とはかなり親しい仲だった人物でした!

 

ボーダー結成してすぐに抜けていて、その後はネイバーの世界を旅していたそうです。

 

そして、ネイバーの世界での戦争に参加していた際、息子である遊真が瀕死の重症を負ってしまいます。

 

そんな息子を助けるため、自らの命をかけてブラックトリガーとなり、遊真の瀕死の体を指輪に封印して、トリオン体として延命させることに成功!

 

遊真はブラックトリガーになった父親を蘇らせる手がかりを探すため、父親の知り合いがいるボーダーに来たのです。

遊真のトリガーについて

 

上記でも少し描きましたが、遊真の使うブラックトリガーは指輪の形をしていて、父親そのものなのです。

 

ブラックトリガーは、優れた力を持つものが命と引き換えに自身をトリガーにすることで生まれる武器なんですよね。

 

ちょっとわかりずらいですが、遊真を延命させるために父親が自分の命を使い、遊真の仮の体を作って魂だけぶっこんだ、的な解釈をしていただければ良いかなと思います。

 

仮の体なのでちょっとやそっとじゃ死ぬこともないし、空腹や睡眠などの必要もありません。

 

ちなみに遊真の本体は瀕死の状態のまま指輪の中に封印されています。

 

生前の思いが宿ると言うか、そういったことが出来るのがブラックトリガーの凄いところなんですよね。

ブラックトリガー使用時の攻撃

 

基本的な能力はコピーで、一度見た技はある程度のものならすぐにコピーできます。

 

おまけに戦闘経験はかなり豊富なので、元々のスペック+コピーとを駆使し、A級である三輪隊4人相手に1人で軽く捌くほどの実力を持っています。

ボーダー入隊後

 

ボーダー入隊後はブラックトリガーを使ったらチームを組めないということで、修たちと同じ隊でいるために普通のトリガーを使用するようになります。

 

それでも、持ち前の強さや吸収力もあって、またたく間に上位陣に食い込むほどのレベルの高さです。

 

基本的には剣タイプのトリガーを使っていますね。

ワールドトリガー空閑遊真の正体や技&トリガーまとめ!

 

ちょっと説明が難しくて、分かりづらくてすみません!

 

ざっくりまとめると、

 

遊真は異世界から来たネイバーで、父親を蘇らせる手がかりを探しに修達の世界に来た

 

っていう感じですね(笑)

 

ワールドトリガーは本当に設定とかが深く作られていて、文字だけではきっと伝わりにくいと思うので、ぜひ作品をチェックしてください♪