週刊少年ジャンプで大人気連載中のファンタジーバトル作品「ブラッククローバー」!

 

そんなブラッククローバーが2017年からアニメ化されましたね♪

 

ジャンプらしい王道のバトルで話題となり、今やジャンプの看板作品の一つとなりました♪

 

今回はブラッククローバーの主人公、アスタの過去や経歴をご紹介していきます!

ブラッククローバーのアスタについて

 

● 名前:アスタ
● 所属:黒の暴牛
● 誕生日:10月4日
● 年齢:15歳
● 身長:155cm
● 血液型:A型
● 魔導書の属性:無
● 出身:恵外界ハージ
● 特技:ポジティブ、筋トレ、大きい声
● CV:梶原岳人

 

ブラッククローバーの主人公で、信じられないほどポジティブで熱血な、まさに、ザ・主人公といったキャラクターとなっています♫

 

魔法が使えて当たり前の世界で、何故か魔力を全く持ってないという極めて稀な存在となっています。

アスタの経歴

 

アスタは赤ちゃんの頃にハージ村の教会にユノと共に置き去りにされていました。

 

なので孤児として教会で育てられることとなります。

 

同じ境遇の孤児たちと生活していく中で、天才的な魔力の持ち主のユノと比較されることも多く、多少不遇な扱いを受けながらも前向きに成長して行きます。

 

それでも決してめげること無く、ユノと誓った魔法帝になるという夢を叶えるために努力を怠りませんでした。

 

魔法が使えない分せめて体だけでも鍛えようと躍起になり、尋常じゃない筋力と体力を身につけたんですね。

 

そして、15歳になった時、魔力を持つみんなに与えられる魔導書の授与式に参加しますが、唯一1人だけ魔導書に選ばれませんでした。

 

しかし、その後に反魔法の魔導書に選ばれ、魔力がゼロながらも魔法騎士団へと入団することが出来たんです(^ ^)/

 

 

以降は所属となった黒の暴牛団の一員として、様々な任務に挑んでいくこととなります。

アスタの謎

 

アスタには生い立ちや両親、魔導書など様々な謎があります。

 

その中でいくつか気になる点をまとめました!

 

※アニメ化されてないこともあるのでネタバレ注意です!

アスタの謎1 魔力関連

 

小さい子供ですら魔法が使えて当たり前の世界で、魔力がゼロというありえない存在のアスタ。

 

これに関しては、作中では「たまたま宿らなかった欠陥品」という一言で片付けられていますが、果たしてそうなのでしょうか?

 

しかし、そんなアスタだからこそ、アンチ魔法の魔導書に選ばれました。

 

使用者の魔力を吸い続ける魔導書ですが、アスタは魔力がないのでなんの影響もありませんからね。

 

そうやって考えたら、まるでアスタのためだけの魔導書みたいですよね。

 

これに関してはまだまだ謎だらけですが、かなり禍々しい魔導書で、初めて使用した際には悪魔か何かの影のようなものが見えてました。

 

 

これに選ばれたってことは、アスタも何かそっち系?って考えちゃいますよね。

 

ただ、まだ詳しいことはわからないので今後を楽しみに待ちましょう♪

アスタの謎2 ネロ

 

魔力がない存在にやたらとまとわりつく謎の鳥ですが、すっかりマスコットキャラ的な存在でアスタにくっついてるのが当たり前になった鳥ですよね。

 

一見ただのかわいい要員かと思っていたこのネロですが、どうやら何か裏があるっぽいことがわかってきました。

 

やたらと魔石を見つけたり、アスタの新しい武器を見つけたりと、地味に活躍していたあたりから何となく普通ではないのかな?って感じはしてましたけども。

 

決定的なのは、魔女王と呼ばれる数百年生きる存在と対峙した時の魔女王の態度です。

 

「こいつは・・・」と意味深な顔を浮かべながらネロを見ていましたからね。

 

 

結局言及はされませんでしたが、きっとアスタに関するなにかに大きく関わってくることででしょう!

今回のまとめ!

 

ハージ村に捨てられ、ハージで育てられ、魔力がゼロでも諦めないで魔法騎士団へ入団スルことが出来たアスタ。

 

そのアンチ魔法の力や両親などまだまだ謎だらけのアスタですが、少しづつですが明らかになってきました!

 

今後も色々と明らかになっていくと思いますので、続報を待ちましょう♪

 

⬇️ブラッククローバーの神回&あの名シーンを無料視聴してみませんか?🔽

ブラッククローバーの動画全話を無料視聴しよう!