少年ジャンプで大人気連載中の「僕のヒーローアカデミア」!

 

ジャンプらしい王道のバトル作品として大きな話題となっていますね♪

 

ヒーローに憧れながらも個性に恵まれなかった主人公の緑谷出久の青春ヒーロー物語となっています♪

 

今回はそんなヒロアカのかっこいいシーンをご紹介しますね♪

ヒロアカのかっこいいシーン その1

 

アニメ第1話から、緑谷のピンチにオールマイトが助けに来た瞬間です!

 

今後ヒロアカの名言&お決まりのオールマイトのセリフがこちら♪

 

「もう大丈夫、私が来た!」

 

憧れのスーパーヒーローが助けに来た最高にかっこいい瞬間ですね♪

 

かっこいい&お茶目なオールマイトが見れて本当に素晴らしかったです!

ヒロアカのかっこいいシーン その2

 

アニメ12話から、ヴィランの襲撃によって絶体絶命に近い雄英高校。

 

頼みのオールマイトすらもピンチになり緑谷が決死の特攻を仕掛けた時、普段は口も態度も全部がヴィラン並に悪い爆豪かっちゃんの登場!

 

なんだかんだかっちゃんもオールマイトに憧れてヒーローになった1人なので、オールマイトのピンチに黙ってられず駆けつけました!

 

ここは普段の行いが悪いかっちゃんでさえも、とてもかっこいいヒーローに見えて最高でしたね。

 

さらに、かっちゃんと一緒に救援に来たのは轟くん!(あと一応切島も)

 

 

この時の轟くんのセリフも死ぬほどかっこよかったんですよね♪

 

「平和の象徴はてめえらごときに殺れねぇよ」

 

今後雄英高校の二強となる二人の共演で最高にかっこよかったです!

ヒロアカのかっこいいシーン その3

 

 

アニメ22話から、お茶子ちゃんvs爆豪の熱戦のシーンですね!

 

誰もが爆豪の圧勝だと思っていて、試合内容もかなり一方的なものとなりました。

 

もはやただの公開処刑だと誰もがブーンイングをしますが、事実はそうではなかったのです。

 

お茶子ちゃんは虎視眈々と反撃の準備を整えていて、爆豪もそれを知ってるから一切手を抜く余裕がない・・・!

 

そんな白熱した内容となっているのでした。

 

そして、起死回生の反撃をするも、やはり爆豪の圧倒的センスの前に惜しくも散ってしまったお茶子ちゃん。

 

 

それでも最後の最後、意識を失いかけるまで諦めなかったお茶子ちゃんが最高にかっこよかったです!

ヒロアカのかっこいいシーン その4

 

アニメ35話から、推薦組二人のメイン回です!

 

先生との実戦形式の模擬戦で、ずっと轟に劣等感を感じてるヤオモモの心情が描かれていましたね。

 

同じ立場で入学しながら、入学以降はどんどん差をつけられる状況。

 

しかし、轟はそんな八百万のことを認めていて、実力も信頼していたのでした!

 

轟は轟で自分の考えに迷いがなく突っ走る傾向にあり、ヤオモモは自分の意見を言うことも出来ず従うだけ。

 

そんな二人が自身の欠点に気づき、見事に共闘して先生を倒した最高の瞬間です!

 

なんだかんだ二人共天才的な頭脳の持ち主なので、そんな二人で考えた作戦はとてもレベルが高いものでした。

 

まぁ、先生は多少忖度したんですけどね(笑)

ヒロアカのかっこいいシーン その5

 

アニメ61話の、デクvs爆豪の戦いのシーンですね!

 

デクからしてみたら幼少期から雲の上の存在だったかっちゃん。

 

そんなデクをいつも見下してたかっちゃん。

 

 

そんな二人が、ついにいい勝負が出来るというほどに同じ位置に立ちます。

 

 

それまで幾度とデクとかっちゃんの過去の関係は語られてきましたが、デクがかっちゃんにほぼ追いついたというまさに感動とかっこいいの最高のコラボレーションでした!

ヒロアカのかっこいいシーンまとめ!

 

アニメの初期から最新の中から時期ごとに選びましたが、本当にヒロアカはカッコイシーンだらけです!

 

今回はその中でもごく一部をご紹介させていただきました♪

 

本当に他にもまだまだ沢山のかっこいいシーンがありますよ!

 

ぜひ、気になった方はアニメや原作でかっこいいシーンをチェックしてください♪