はるかなレシーブは2018年に放送されたアニメです♪

 

女子高生×ビーチバレーという題材でとても話題となった作品ですね!

 

原作は如意自在さんで、掲載は芳文社発行のまんがタイムきららフォワードとなっています。

 

今回はそんなはるかなレシーブのはるかなペアのライバルの1人、あいまいペアの砂川舞についてご紹介していきたいと思います♪

砂川舞CV:小池理子

 

はるかなペアとは別の高校に通う女子高生で、本来は普通のバレーでリベロを担当しています!

 

自分をバレーに誘ってくれた先輩であり相方の愛衣を慕っていて、自身のポジションのリベロに対してもかなりの自負を持っていますね♪

砂川舞の身長は?

 

舞の身長については公式でも作中でも発表されてないので正確な数字はわかりません。

 

ですが、自身の背の小ささにややコンプレックスを持っていたり、はるかに対してデカ女といったりするのを見ると、結構小さい部類であると伺えます。

 

画像で見ると、151cmのかなたとそこまで大差ないように見えるので、恐らくは150cm前後くらいではないかと予想!

 

リベロっていうポジションも比較的小柄な人が務めてるイメージが強いですしね。

砂川舞の性格は?

 

系統で言うなら、遥、紅愛、舞、この三人が同じ系統かな?って感じですね。

 

いわゆる、各ペアのバカな方(笑)

 

というのは冗談で、まぁ遥とやたら張り合ったり、負けず嫌いだったりと子供っぽい部分がとても目立つ性格ですね♪

 

あと、ツンデレっぽさもあります。

 

ですが、意外としっかりした信念なども持っていて、なかなかギャップがあるキャラでもあるかなと!

砂川舞のかわいいシーン

出番自体は決して多くはないですが、出てくる度に強烈なインパクトを残してくれる砂川舞。

 

そんな彼女の可愛らしいシーンをいくつかご紹介しましょう♪

かわいいシーン第3位 意地の張り合い

『よっ、よろしく…』(アニメ第5話)

 

ギャンギャンいがみ合ってた2人が、共に相方に怒られて握手を交わすシーンですね!

 

怒られて反省して握手したかと思えば握力で勝負するという、まさに似た者同士な2人の可愛らしいシーンでした♪

かわいいシーン第2位 因縁の始まり

『べーっ!』(アニメ第4話)

 

記念すべき舞ちゃん初登場回で、水着を巡って遥と因縁が出来た回ですね!

 

最初から小生意気な感じが出ていて、彼女の性格がよくわかりましたね♪

かわいいシーン第1位 すっかり友達

「やった!マッチポイント!」(アニメ12話)

 

色々ありながらも死闘を繰り広げて、惜しくもはるかなペアに惜敗したあいまいペアですが、その後はいつもさり気なく二人の応援をしていたのでした!

 

そして、ついうっかり口に出てしまった、はるかなペアのマッチポイントの時の嬉しそうな声ですよ( ´∀`)

 

慌てて否定してましたが、戦いを得て友情が深まるっていうのもスポーツ作品らしくて良いですよね♪

砂川舞の身長や性格・かわいいシーンまとめ!

 

砂川舞は、何となく出だしからお調子者系として現れて、賑やかし要員か噛ませ要員かと思われました。

 

ですが、意外にもかなりの強敵だった舞ちゃん(笑)

 

背が低いながらも、拾うことを武器とするリベロとして頑張っていて、バレーに対するプライドや先輩を敬う気持ちなどが普段のキャラとのギャップで良かったですね!

 

後半以降は解説役としてもちらほら出てきますので、ぜひ舞ちゃんの活躍をチェックしてくださいね♪

 

★はるかなレシーブの名場面&面白いシーンを無料視聴しませんか?★

はるかなレシーブのアニメ全話の動画を無料視聴しよう!