とある魔術の禁書目録(インデックス)は、様々なメディアミックスで展開されている作品です。

 

本編である禁書目録の人気に伴い、スピンオフ作品である「とある科学の超電磁砲(レールガン)」も第2期まで制作されて大ヒットを記録!

 

今回はそんなとある魔術の禁書目録の上条当麻と御坂美琴の関係、そしてインデックスを含めた三角関係などをご紹介します!

とある魔術の禁書目録の御坂美琴&上条当麻について

 

御坂美琴は禁書目録内でインデックスと並ぶメインヒロインの一人となっています。

 

名門と言われる常盤台中学に通う中学2年生で、学園都市に7人しかいないレベル5の第三位で、通称は常盤台の「超電磁砲(レールガン)」。

 

上条当麻は禁書目録の主人公で、右手に「幻想殺し(イマジンブレイカー)」と呼ばれる異能をかき消す力を持っている高校生。

御坂美琴と上条当麻の関係の始まり

 

二人の出会いは、御坂が不良に絡まれていたところを上条が助けに入ったのが最初の出会いとなります。

 

しかし、レベル5である御坂的には正直不良なんて眼中になく、どうやって追い払うか考えていただけであり、上条の優しさがちょっとだけ大きなお世話になった形になりましたね。

 

その時、上条が、「こんな色気も何もない子供の中学生相手に恥ずかしくないのか!」(多少誇張しています)と言ったことで御坂がプッチンしてしまいます。

 

そして、キレた御坂が電力を放出し、不良たちはバッタバタ倒れますが、何故か上条だけは無傷。

 

レベル5である自分の力がレベル0である上条にかき消されたことにプライドを傷つけられた形の御坂、これが2人の運命の出会いでした。

上条当麻と御坂美琴の関係の進展

 

出会って以降は、御坂を見たら逃げる上条と、決着をつけたがる御坂と言った感じで、上条的にはしつこい中学生、御坂的には何か気に入らないやつ、そんな感じだったと思います。

 

しかし、御坂的には自身が能力を使ってもびくともしない相手など今までほとんどいなかったので、そのじゃれ合いが徐々に楽しくなっていきます。

 

何度もばったり遭遇してはじゃれ合ううちに、御坂の気持ちは少しづつ別のものに変わっていくのでした。

 

この時点ではまだ上条的にはやたら絡んでくる顔見知りの中学生って感じでしょうかね。

御坂美琴が完全に落ちる!

 

物語のシスターズ編で、御坂が究極にまで精神的に追い詰められていた時、上条が見せた優しさで御坂は完全に陥落します。

 

もともとほぼ落ちてましたけど、完全に落ちたのはきっとこのときですね。

 

御坂のために全力で戦う姿は御坂じゃなくても落ちそうですし、もともと気になってた人にそんなことされたらそりゃたまったもんじゃないですよね(笑)

 

というわけで、ここから御坂は上条を完全に好き好きモードにはいるのですが、ツンデレですので気持ちを素直に表すことは少ないのが残念な美琴ちゃん。

 

一方の上条は、多分恋的な感情は無く、友達以上かそこらくらいでしょうか?

 

ツンデレと鈍感なので2人の恋が進むのはかなりゆっくりとなりそうです。

最大の難関インデックス

 

そう、上条にはこのお方がいらっしゃいます。

 

いくら御坂が大人気でスピンオフで主人公やってて、インデックスの方は空気ヒロインとかいんなんとかさんとか言われてようが、上条にはインデックスがいるのです。

 

お互い面識はあって、インデックス的には上条を狙う短髪女、御坂的には意中の人と同棲してる目の上のたんこぶ、そんな感じのライバル関係ですね。

 

ただ、上条的にはどっちに対してもそこまで恋愛的な感情は芽生えてないので、上条的にはまだ五分といった感じでしょうか?

 

ですがインデックスは同棲してますし、なんだかんだメインヒロインの中のメインヒロインですからね。

 

色々な要素を踏まえて、ややインデックスが優勢かなといった現状です。

 

御坂も頑張れー!

上条当麻と御坂美琴の関係まとめ!

 

というわけで、最初はおせっかいから始まった出会いが、喧嘩友だちになって、気になる人になって、恋に落ちた、御坂的にはこんな感じですね。

 

あんなに強くてかっこいいレールガンが上条の前ではただのツンデレヒロインになるのは見ていてとても微笑ましくなります♪

 

残念ながら両思いや恋人というのはまだ可能性は低いですが、これからの2人の関係には目が離せませんね!