僕のヒーローアカデミアはヒーローという題材をメインにした、まさにジャンプらしい王道の熱いバトル作品となっています!

 

アニメも現在まで第3期まで放送されていて、劇場版も公開されるなどその勢いはとどまること知らずです♪

 

今回はそんなヒロアカに登場する超重要キャラのオールマイトについて迫ってみたいと思います!

 

平和の象徴と呼ばれる彼の身長や年齢といったプロフィールや、彼の最後などの深い部分にも追求していきますね。

ヒロアカのオールマイトとは?

 

ヒロアカの世界で、絶大な人気と信頼を誇るナンバーワンヒーローを務めていたのが「オールマイト」です!

 

存在自体がヴィランなどの犯罪者の抑止につながることから「平和の象徴」と呼ばれていました。

 

主人公のデクを始め、あの爆豪までもが憧れた存在ですね( ´∀`)

 

現在はヒーロー活動を引退し、デクたちが通う雄英高校の教師として活動しています。

 

頭を使った指導よりは熱血的な脳筋指導がメインとなっています。

 

決め台詞は、助けに来た時に必ず言う、

 

「大丈夫、私が来た!」

 

 

ヒロアカの名言でもあるこの言葉。

 

困ってる人を確実に安心させるこの言葉は、まさに最高のヒーローと言えるのではないでしょうか。

オールマイトのプロフィール

  • 本名:八木俊典(やぎ としのり)
  • 誕生日:6月10日
  • 身長:220cm
  • 体重:274kg
  • 血液型:A型
  • 個性:ワン・フォー・オール
  • 声優:三宅健太

 

基本的に大きい体格となっていますね、というかデカすぎですね(笑)

 

年齢の方は残念ながら非公表なのですが、ライバルであり現ナンバーワンヒーローのエンデヴァーが45歳なので、おおよそ45歳前後かなと推測されます。

オールマイトの個性

オールマイトはワン・フォー・オールと呼ばれる個性を持っています。

 

ワン・フォー・オールは肉体を強化するという至ってシンプルな能力ですね。

 

しかし、その破壊力はとんでもないもの・・・!

 

ヒーローたちの中でも群を抜いています!

 

一方で、その個性の実態としては継承して育てていくことが出来る個性でもありますね。

 

当のオールマイトも継承された1人であり、次は自らが見出したデクに更に継承するのでした。

 

オールマイトが8代目で、デクが9代目となっています♪

 

継承できると知られると色々と悪用の危険もあるので、継承のことは作中ではかなりのチップシーシークレットとなっています。

トゥルーフォーム

 

個性を使用していない状態のオールマイトで、かなりガリガリで病弱な感じとなっています。

 

平和の象徴の正体がこれなのはまずいということで、こちらも限られた人物しか知らない秘密の姿でしたが、オール・フォー・ワンとの戦いで全国民に知られてしまいました。

ヒーローとしてのオールマイトの最後は?

 

ヴィラン連合のボスであるオール・フォー・ワンが姿を現した時、数多くのヒーローが彼の前に散っていく中で、遂にオールマイトが駆けつけました。

 

誰も太刀打ちできなかったオール・フォー・ワン相手に互角の戦いをしますが、それでもやや劣勢のオールマイト。

 

さすがのオールマイトも敗北かと思われましたが、ヒーローとして負けるわけにはいかない、そしてオール・フォー・ワンを倒せるのは自分しかいないという強い信念のもと、辛くも勝利をするオールマイト・・・!

 

最後には自身の中に残っていた個性を使い果たし、次の平和の象徴をデクに託して引退するのでした。

 

この戦いを持って、ヒーローとしてのオールマイトは終わりを告げます。

オールマイトの伏線

 

オールマイトは死亡するという説が度々飛び交っていますよね。

 

上記の戦いでもオールマイトは死亡する説が有力でした。

 

その理由として、未来が見える個性を持つ元相棒からヴィランに無残な姿で殺されると予言されたことがあります。

 

そのことから彼自身も度々「その頃には私はいない」などと不穏な発言もありました。

 

オール・フォー・ワンとの戦いのことだったなら未来は変えれたのでしょうが、もしかしたらまだ先の話かもしれません。

 

今後作品でもっと色々と明らかにされて行くのが待ち遠しいですね。

オールマイトのまとめ!

 

オールマイトは身長220cmと超大柄で、体重274kgというとても規格外な体をしていることが分かりました!

 

こんなに大きかったとは・・・!

 

子供を何人も片腕で抱えて救出できるわけですね(^ ^;)

 

年齢は推測ですが45歳前後であると想像されますね。

 

度々湧き上がっていたオールマイト死亡説ですが、オール・フォー・ワンとの戦いではなんとか回避できました。

 

ですが、ヒーローとしての彼は実質いなくなってしまったので、ある意味彼の最後だったかもしれませんね。

 

今後はデク達の成長の助けとして活躍していくと思いますので。陰ながらの彼の活躍に期待しましょう♪