SAO(ソードアート・オンライン)は2012年に第1期が放送された作品で、2014年には2期、2017年には劇場版も公開された大人気アニメです♫

 

2018年10月からは第3期の放送も決定していて、初放送から6年以上たった今も衰えること無い高い人気となっています。

 

今回はそんなSAOに登場するキャラのユウキについてご紹介いたします。

 

2期後半からメインヒロインとして登場した彼女ですが、果たして何者なのか、その強さなどに迫っていきますね!

ユウキ(紺野 木綿季) CV:悠木碧

 

マザーズ・ロザリオ編から登場した人物であり、同編ではメインヒロインとなっています(^^)/

 

姉が所属していたギルド「スリーピング・ナイツ」のメンバーであり、ギルドのリーダーも務めています。

 

15歳というまだ若い年齢ということもあり、非常に明るく元気な女の子でありながら、その実力はとても高く、辻デュエルでは数多くの実力者を返り討ちにしました!

ユウキの強さ

 

ユウキはその可愛らしい見た目や性格と裏腹に、作中では最強レベルの強さを誇っています!

 

その強さからついた名は、絶対無敵の剣「絶剣」と呼ばれるほどなんですね☆

 

目にも留まらぬ素早い斬撃を得意としていて、さらには最強の11連撃のオリジナルソードスキル「マザーズ・ロザリオ」を編み出しています。

作中最強はユウキ?キリト?

 

ここで今回の本題ですが、果たしてユウキの強さはあのキリトよりも上なのか下なのかをはっきりさせたいと思います。

 

結論から言うならば、キリトよりも強いという答えで間違いないでしょう。

 

作中ではほぼ最強に位置していたキリトに対して、二度も勝利を収めました!

 

キリトが二刀流を使用せずに100%を出していなかったから勝てたという説もありますが、キリト本人が彼女がSAOにいたら二刀流は彼女のものだったと素直に負けを認めていますからね(^^;)

 

というわけで、ユウキとキリトの最強対決はユウキの勝利ということになると思います。

リアルのユウキ

 

というわけで、作品内では最強のキャラとなったユウキですが、果たして現実ではどんな人物なのか、そちらも少しご紹介いたします。

 

ゲーム内では明るく強いキャラですが、リアルのユウキはとても壮絶な人生を送っている悲しい女の子です。

 

AIDSというとても重い病気に感染してしまっていて、両親や姉はすでに他界していて天涯孤独の身。

 

小学校4年生から病院で生活するという毎日、宣告されている余命が迫っている事実。

 

そんなとても辛く悲しい運命の元に生まれた少女だったのです。

 

リアルの世界でもアスナやキリト達と接することで、数少ない願いを色々と叶えてもらいました。

 

最後は自身のスキル「マザーズ・ロザリオ」をアスナに託し、沢山のギルドメンバー達に看取られながら息を引き取りました(;_;)

ユウキのまとめ

 

ゲーム内では明るく元気に振る舞っていて、且つ最強という立場の少女。

 

リアルでは余命宣告されていて病気に苦しむ悲しい女の子。

 

そんなユウキと紺野木綿季の2つの顔を持つのがユウキです。

 

今回は細かい部分などは紹介しきれませんでしたが、彼女の魅力はまだまだ沢山ありますし、是非映像などでその活躍を見ていただけたらと思います。

 

彼女の登場は2期の後半のマザーズ・ロザリオ編殻となっていて、きっと涙なしでは見ることが出来ない感動のストーリーとなっているので必見ですよ。