劇場版「ウルトラマンジード」が3月10日(土)から上映されます!

映画館の大画面で迫力あるアクションシーンを見ると盛り上がりそうですね♪

そんな映画のストーリー展開を考えられたのは誰なのか、気になっちゃいましたので調べてみました(^^)/

映画「ウルトラマンジード」の監督や脚本家は誰なのか?

そして気になる彼らの代表作品について、紹介していきたいと思います♪

ウルトラマンジード(映画)の監督や脚本は誰?代表作品も!

出典元:公式サイト

 

テレビシリーズに引き続き劇場版「ウルトラマンジード」が公開されるということで、たくさんの子供たちが楽しみにしていますよね♪

今回の映画は、テレビ最終回後のストーリーとなっているとのことなので、楽しめる内容になっていること間違いなし!

そこで、この映画の監督や脚本担当は誰なのか気になりましたので、調べてみました(^^)/

 

今回の映画「ウルトラマンジード」の監督は、坂本浩一さんが担当されていたようですね

坂本さんは、テレビシリーズから監督をしていたみたいです。

今回の映画「ウルトラマンジード」は、テレビシリーズからの後日談の内容となっているとのこと。

なので同じ監督が手がけているとあって、テレビシリーズから引き続き映画も楽しめるないようになっているみたいです♪

坂本さんといえば、「ウルトラマンX」「ウルトラマンギンガS 決戦ウルトラ10勇士!」といったウルトラマンシリーズをはじめ、「獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ」「仮面ライダーエグゼイド」「仮面ライダーゴースト」といった仮面ライダーシリーズが代表作としてあるようです。

特に仮面ライダーシリーズは多く手がけており、「仮面ライダーフォーゼ」で監督をしていたときは、俳優の福士蒼汰さんから”お父さん”と言われていたんだとか!Σ(・∀・;)

もともとスタントマンとして活動しているので、バトル・アクションシーンを手がけるのは得意のよう。

2010年、2011年ごろから本格的に日本で戦隊モノの作品を作り上げてきているベテラン監督なので、今回の作品もきっと楽しめるんじゃないでしょうか♪

 

そして!映画「ウルトラマンジード」の脚本担当は根元歳三さん!

10月7日に放送された第14話のシャドーの影と、10月14日放送の第15話戦いの子の脚本を手がけていたんだそう。

また、最近では劇場版「マクロスA 劇場のワルキューレ」「デュエル・マスターズ」第16話、「デュラララ!!2 結」第25話、第29話を担当していたみたいです。

どうやら評判としては賛否両論あるようなので、今回の映画の内容は実際に見てみないと分かりませんね~(^^;)

まとめ

さて!今回は映画「ウルトラマンジード」の監督や脚本は誰なのか、そして彼らの気になる代表作品について紹介してみました!

いかがでしたでしょうか?

*監督:坂本浩一さん

*脚本:根元歳三さん

どちらもベテランな方々なので、今回の映画もおもしろい内容になっているのではないでしょうか♪

この映画の完成披露試写会が2月21日(水)にありますので、そのときに映画についての監督の話しが聞けるとうれしいですね(^^)

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございます☆