ヒナまつりは大武政夫原作で2010年からハルタで連載されている作品です。

 

2018年4月に連載から8年の時を得て待望のアニメ化がされました!

 

笑いの中に時々涙ありの作品です♪

 

今回はそんなヒナまつりの重要キャラである三島瞳の可愛いシーンのご紹介と、恋愛について追求していきたいと思います!

三島瞳 CV:本渡楓

 

三島瞳はヒナと同じ中学校に通う中学生。

 

ヒナの隣の席だったばっかりにヒナの世話係に任命されてしまったかわいそうな女の子です。

 

上記のこともそうですが、優しい性格が災いしていることもあってか、基本的に何かと巻き込まれやすい体質で、ヒナたちが起こすトラブルにいつも巻き込まれてしまいますΣ(゚д゚lll)

 

しかし、何をしても高い対応力とスペックで柔軟な対応をしてしまうので、更に面倒に巻き込まれてしまうこともしばしばあるかわいそうな子なんですね。

三島瞳の可愛いシーン

 

可愛いシーンと言っても、基本的に可愛いので、あえてここは瞳ちゃんが困ってて可愛いシーンに厳選しようと思います☆

 

紳士淑女の皆さんもきっとそういうのが好きだと思うので、どんなシーンだったかと合わせてご紹介しますね♪

詩子との出会い

 

ヒナに連れられて新田を探しに詩子のBARに来た瞳ですが、まだ開店前で誰もいませんでした。

 

ヒナは出ていってしまったので、とりあえず1人でBARに残った瞳。

 

そこに開店前に間違って来た酔っぱらいにバーテンと勘違いされ、流れでバーテンをやるハメに!

 

こうやって詩子に目をつけられ、脅迫されて働くことになります。

 

コンプラ的に余裕でアウトの中学生バーテンが誕生した瞬間であり、脅迫された顔がとてもいいですね。

誤認逮捕

 

アンズと遊ぶことになった瞳ですが、アンズがゲームを買うために捨てられてるテレビを拾って売ることを考えます。

 

しかし、落ちてるのは価値のないアナログテレビ・・・。

 

それでも諦めずにいいテレビを探し続けるアンズ。

 

仕事明けで疲れてて眠い瞳は、長くなりそうでめんどくさくなってきたので家にあるいらないテレビを落ちてたふりしてアンズに渡そうと考えます。

 

しかし、道中で警察に不法投棄と疑われ交番に連れて行かれてしまいました((((;゚Д゚)))))))

 

何も悪いことしてないのにかわいそうな瞳(笑)

クソボケカス

 

瞳が働いてるBARに担任の先生が来てしまい、ピンチに陥った瞳!

 

必死にバレないようにごまかしてる時に、クソボケカスとかいうサブが瞳の名前を呼ぶという余計なことをしたシーンですね。

 

普段は優しい瞳が、心からただの暴言を吐いたとても貴重な可愛い?シーンです(笑)

瞳の恋愛模様

 

瞳が好意を持ってる相手は今の所いませんね、多分。

 

ただ、瞳のことが好きな人物は1人だけ発覚してます!

 

瞳に殴られることをご褒美と言って熱望してる残念な男の子の、クラスメイトのたかし君ですね(画像左の少年)

 

ただ、瞳的には今んとこは全くその気は無いですし、パーフェクトウーマンの瞳となると相当な人物じゃないと釣り合わないのかなと(笑)

三島瞳のまとめ!

 

何か問題があれば、いつもその輪の中に巻き込まれてしまう三島瞳。

 

ただ、大前提として優しすぎる性格が故にですよね。

 

クズが多い作中ではトップ3に入りそうなくらいの“ぐう聖”の瞳ですが、現在は恋の予感はしていません。

 

ですが、原作では高校生にもなってますので、今後はどうなるのやら・・・。

 

大変な思いばかりしてるので、せめて恋愛くらいはいい思いをしてほしいと切実に思います♪

 

★ヒナまつりの神回&名場面&面白いシーンを無料視聴しませんか?★

ヒナまつりのアニメ全話の動画を無料視聴しよう!