「とある魔術の禁書目録(インデックス)」は鎌池和馬原作のSF異能バトル系のライトノベル作品です。

 

アニメは2008年に第1期が放送されて以降2018年現在までに第3期まで制作されていて、劇場版も大ヒットを記録しました!

 

今後もまだまだ続編が制作される期待の高い、まさに異能バトル作品の金字塔と言える人気作となっています!

 

今回はそんなとある魔術の禁書目録の主人公である上条当麻の記憶喪失の理由や、記憶喪失は誰かにバレてしまうのかをご紹介していきますね☆

上条 当麻(かみじょう とうま)について

 

とある魔術の禁書目録の主人公の高校生1年生。

 

彼の右手にはどんな異能の力も消し去る「幻想殺し(イマジンブレイカー)」という力が宿っています。

 

ですが、学園都市に来る前から持っていたことと、あまりに特殊すぎるために、残念ながら学園都市での扱いはレベル0という最底辺の存在。

 

決め台詞は「その幻想をぶっ殺す」そのセリフと共に男女平等に顔面にパンチを喰らわせるのがお決まりとなっています。

上条当麻の記憶について

 

現在も普通に生活をしている上条ですが、インデックスを助けるためにそれまでの記憶全てを失ってしまいました。

 

インデックスを首輪から開放するために、自動書記モードのインデックスと戦っていた上条ですが、神裂とステイルの協力もありなんとかインデックスを首輪から開放することに成功しました。

 

しかし、インデックスが直前に放っていた竜王の殺息(ドラゴンブレス)の余波である光の羽が、インデックスをかばった際に頭部に直撃してしまいます。

 

その威力はとてつもないもので、上条の脳細胞を破壊し、それまでの記憶全てを失ってしまうのでした…。

記憶喪失後は?

 

病院で入院していたところ、お見舞いに来たインデックスに対し「病室間違ってませんか?」という上条。

 

そして、そのことにショックを受けながらも、改めて自己紹介をするインデックス。

 

悲しい、全部忘れちゃったんだ上条さんと思っていたら、なんと!いきなり大爆笑する上条さん、彼は冗談だと言って大笑いします。

 

そして、ブチ切れながらも内心喜びながら病室を去るインデックス。

 

いやぁ、何だ記憶消えてないんじゃん、良かった良かったと視聴者読者一同。

 

そこへ、超名医のカエル顔のお医者さんが来て一言。

 

「良かったのかい?ほんとは何も覚えてないんだろ?」

 

あれ??…そうです、上条の忘れたフリが演技で、実際は本当に忘れてしまっていました。

 

でも、インデックスを悲しませたくない、何故か心からそう思った上条は、その後もバレること無いようにインデックスと共に生活していくのでした。

記憶喪失がバレル!?

 

上記のように、インデックスを悲しませないために記憶がなくなったことをひた隠しにして、いつもと変わらない上条当麻でい続けている健気な上条。

 

ぶっちゃけ相当大変ですよね、全く知らない人に話しかけられたり、覚えのない話をされたりする毎日って。

 

ちなみに、彼の記憶が無いのを知ってるのは執刀医でありカエル顔の医者のみとなっていますね、アニメ放送分では。

 

※以下未アニメ化のネタバレ

その後は、左方のテッラにバレて、その会話を聞いてた御坂美琴にもバレてしまいます。

上条当麻の記憶喪失関連まとめ!

 

そんなわけで、まだ付き合いは浅かったインデックスを守るために記憶すべてを失った上条当麻。

 

例え付き合いが長かろうが短かろうが困ってる人のためならどんな危険も顧みないのが彼のまさに主人公らしい面ですよね♪

 

インデックスもいずれ知る日が来るでしょうし、その時はどんな状況になるのか、とても楽しみです!