とある魔術の禁書目録(インデックス)は、様々なメディアミックスで展開されている作品です。

 

本編である禁書目録の人気に伴い、スピンオフ作品である「とある科学の超電磁砲(レールガン)」も第2期まで制作されて大ヒットを記録!

 

今回はそんなとある魔術の禁書目録メインヒロインの一人である御坂美琴の登場回、かわいい名シーンをご紹介します♫

とある魔術の禁書目録の御坂 美琴(みさか みこと)について

 

御坂美琴は禁書目録内でインデックスと並ぶメインヒロインの一人となっています。

 

名門と言われる常盤台中学に通う中学2年生で、学園都市に7人しかいないレベル5の第三位。

 

能力名は「超電磁砲(レールガン)」で、電力操作系の最上位となっていますね。

 

作中では基本は強くかっこいい場面が多いですが、意中の人物である上条の前ではツンデレヒロインとなってしまう可愛らしい女の子です。

 

ちなみに、作中の人気の高さから、スピンオフ作品の「とある科学の超電磁砲」では主人公となっています。

御坂美琴の初登場シーン

 

美琴はアニメの第1話から登場しています。

 

不良に絡まれていたところを主人公の上条当麻に助けられたのが初登場となります。

 

しかしまぁ、実際は上条が助けたのは御坂ではなく不良たちで、レベル5の御坂に不良たちが痛い目に合わされる前に自分へと目標を変えさせるということでした。

 

ちなみに今では正義の味方で弱者の味方のイメージが強い御坂ですけど、初登場時は結構高飛車なキャラなんですよね。

 

序盤だからキャラが定まってたとかではなく、上条と出会ったことで成長したっていう感じらしいですが、とにかく序盤はかなり自信満々で弱者を見下す感じのキャラとなってました。

 

超電磁砲から禁書を見た逆輸入パターンの視聴者には衝撃だったことでしょうね(笑)

 

その後もメインヒロインということで作中ではかなりの頻度で登場します!

御坂美琴のかわいいシーン

 

上記でも少し触れましたが、御坂は色々なことがあって上条に対して熱烈に好意を抱いています。

 

本人はもちろん性格的に認めようとはしませんが、周りから見れば一瞬でわかるほどの好き好きオーラをだしちゃってますね。

 

そんな普段は強くてかっこいい御坂が、上条の前や仲間の前で見せたかわいいシーンをいくつかご紹介しましょう♪

お勉強会

 

こちらは1期の18話だと思いますが、まぁいつもどおりなんやかんやで出会った2人。

 

そこで勉強してた上条に対して、嬉しそうな顔で教える御坂と、中学生に教えられて悲しむ高校生の上条。

 

上条に会えたことと役に立てたことで、美琴のなんとも言えない嬉しそうな顔がかわいいですね♪

覚悟を決めた美琴

 

これは2期の8~9話あたりの大覇星祭編のときの美琴ですね。

 

上条に押し倒されて、黙ってろ!動くなって言われて勝手に勘違いして覚悟を決めた美琴ちゃんです。

 

真っ赤っ赤になっててかわいいですけど、当然勘違いでその後はいつもどおりビリビリしてました。

 

ちなみに2期ではこの大覇星祭編が一番出番が多いかも知れません。

念願のデート

 

2期の17話で、なんやかんや理由をつけて上条とのデートにこじつけた美琴ちゃん。

 

この回の彼女は今までで一番ってくらい終始デレてましたねぇ、ツンはどこ行ったんだよ-って感じでデレ美琴を堪能できる回ですよ!

番外編

 

こちらは超電磁砲の方の美琴ですね。

 

上条の前でこらえてた感情が抑えきれずに涙を流すシーン。

 

いつもツンかデレしか見せない上条に初めて見せた弱さ、本当に感動しましたし、健気でかわいかったです。

御坂美琴のかわいさまとめ!

 

というわけで、御坂美琴の登場回から可愛らしい場面をいくつかご紹介させていただきました!

 

今ではすっかりツンデレヒロインとしての地位を確かにした美琴ですが、正直彼女のかわいい場面は今回紹介した一部分にも満たないんです(>ω<)

 

気になった方は是非作品でチェックしてください♪

 

インデックスとの正妻戦争も時々勃発するので、そちらも必見ですよ!