週刊少年ジャンプで大人気連載中のファンタジーバトル作品「ブラッククローバー」!

 

2017年からアニメ化されましたね!

 

ジャンプらしい王道のバトルで話題となり、今やジャンプの看板作品の一つとなりました♪

 

今回はブラッククローバーの熱血主人公であるアスタの能力や強さをご紹介していきますね!

ブラッククローバーのアスタとは?

 

本作の主人公で15歳の少年です。

 

信じられないほどポジティブで熱血な、まさに、ザ・主人公といったキャラクターとなっています♪

 

その一方で生い立ちは、幼少期に親友でありライバルであるユノと一緒に教会に預けられた捨て子なんですよね…。

 

その後は教会で同じ孤児たちと一緒に育てられ、お世話になったみんなに恩返しをするために魔法騎士団に入る事を誓います。

 

しかし、ユノが天才的な魔道士であることに反し、アスタは魔力ゼロ。

 

老若男女問わずに魔法が使えることが当たり前の世界で、一切魔力を持たない逆に奇跡的な存在なのでした。

 

それでも自分の夢である魔道士の頂点、魔法帝になることを目指して突き進んでいきます!

アスタの能力

 

上記で書いたとおり、アスタは魔力がゼロなので、15歳になったら全員に与えられる魔道士の証「魔導書(グリモワール)」をその年で唯一与えられませんでした。

 

また来年頑張ると肩を落とすアスタでしたが、そんなアスタの前にユノから魔導書を奪おうとしている盗賊が現れます。

 

ライバルのユノがピンチの中、アスタも果敢に挑みますが、相手はかなりのやり手の魔道士。

 

アスタは絶対絶命のピンチに陥ります。

 

しかし、それでも諦めない強い気持ちがなにかに共鳴し突如として現れた「反魔法の魔導書」に選ばれることに!!∑(゚Д゚)

 

その魔導書の中から全ての魔法を無効化する剣を取り出すことに成功したアスタ。

 

以降はこの反魔法の力で戦っていくことになるんですね。

アスタの強さ

 

もともと魔法が使えない分だけ体を鍛えることに全力を注いでいたので、異常なまでに強靭な肉体を持っているアスタ。

 

体力、持久力、攻撃力、耐久力のどれもが常人とはかけ離れた強さがあります。

 

それでも結局は生身では魔法の前には太刀打ちは出来なかったのですが、反魔法(アンチ魔法)の魔導書を手に入れて、尚且それが剣だったということで彼の立場は大いに動いていくのです!

 

魔道士たちからは魔力のない存在といつまでもバカにはされますが、その魔道士たちが手に負えなかった相手をアスタが倒すなんてことも多くなりました。

 

「魔力=強さ」という考え方なら最弱ですが、全てを考慮した上で考えるなら相当な強さになると思います。

 

ただ、作中では比較的単体で倒すと言うよりは、みんなで協力して倒すという描写が多く、最後にトドメをさす、といった役割が多いんです。

 

なので比較的やられてる場面も多いのが事実なんですよね。

 

まだまだこれから成長していくアスタなので、今後はどんどん最強に近づいていくんじゃないかなと!

 

今はまだ作品内ではTOP20でも入るか入らないか微妙な位置かな?と個人的には思います。

ブラッククローバーのアスタの能力と強さまとめ!

 

魔力は無いけど相手の魔法をかき消すアンチ魔法の能力の持ち主で、その鍛え抜かれた肉体が最大の武器であり、攻撃力とタフさはかなりのもの。

 

そういった感じで、実際はかなりイレギュラーな存在なので、かなり強さには時と場合でばらつきが出るキャラであると思います。

 

持ち前のやる気と情熱と熱血はかなりのもので、作中でもかなりの速度で成長してますし、今はまだまだ上が沢山いる状況。

 

ですが遅かれ早かれ最強の部類に入ることは間違いないでしょう!

 

今後もアスタの成長を楽しみにしていきたいと思います♪

 

⬇️ブラッククローバーの神回&あの名シーンを無料視聴してみませんか?🔽

ブラッククローバーの動画全話を無料視聴しよう!