2018年にアニメ化&アプリ配信された刀使ノ巫女!

 

可愛い女の子×本格剣戟ということでとでも人気となった作品です♪

 

その刀使ノ巫女の中に登場する折紙紫。

 

物語では序盤から不穏な雰囲気を持っていた彼女ですが・・・果たして正体は…?

 

今回はそんな怪しい人物である折神紫の正体に迫っていきます!

刀使ノ巫女・折神紫のプロフィール

  • 名前:折神紫(おりがみゆかり)
  • 在籍:警視庁特別刀剣類管理局局長
  • 年齢:不明(推定30代中盤)
  • 誕生日:6月13日
  • 身長:168cm
  • 血液型:O型
  • 流派:二天一流
  • 好きなこと:将棋
  • 声優:瀬戸麻沙美

 

20年前に発生した大災厄を収めた英雄で、その功績から刀剣類管理局の局長になった女性です。

 

その外見は20年前と殆ど変わっておらず、そのことからもなにか普通じゃない感は凄い出ていました。

 

御前試合の決勝戦の会場で、十条姫和によってクーデターを起こされますが、あっさりと返り討ちにする強さを見せています。

折神紫の正体は?

 

上記でも書きましたが、20年前の大災厄の英雄ですね!

 

しかし、実際は20年前の大災厄を収めたのは可奈美と姫和の母であり、2人は命と引き換えに大荒魂封印しようとします。

 

そんな2人を見ているだけで、彼女は何も出来ませんでした。

 

そんな失意の念の中にいた紫に対し、大災厄の元凶でもある大荒魂のタギツヒメが交渉を持ちかけます。

 

 

2人の命を救う代わりに、紫の体に憑依させろと。

 

紫は2人を救うためにその交渉を飲むのでした。

 

そうして、一見討伐されたかに見えたタギツヒメですが、実は折神紫の中で生き続けていたのでした。

 

20年前から、折神紫はすでに折紙紫ではなく、タギツヒメになっていたんです!

2クール目以降の折神紫

 

1クール目で紫の中にいるタギツヒメは倒したかのように思えたのですが、実際はそうではなかったのです。

 

折神紫の中にいたタギツヒメは3つに分裂してそれぞれ意思を持って生きていました。

 

そんなタギツヒメを討伐するため、今度は仲間として可奈美たちと共に戦うのでした。

折紙紫の年齢

 

恐らくなのですが、20年前に学生だったことから、単純な足し算で35歳前後だと思われます。

 

しかし、明確な情報はなく憶測となってしまいますが。

 

ちなみに、外見と肉体はタギツヒメに乗っ取られた日から止まっています。

 

なので、20年たった今も当時の見た目で当時の肉体のまま動くことが出来るそうです!

 

当時からかなり最強の部類だったので、その実力は健在です。

 

作中ではタギツヒメの力抜きでも可奈美や結芽と同じく最強候補の1人として君臨しています。

折神紫の正体や年齢まとめ!

 

1クール目では、タギツヒメに体を乗っ取られた状態でしたので、ほぼタギツヒメでした。

 

2クール目以降は逆にタギツヒメを討伐するために仲間になりました。

 

まさに過去の英雄に相応しい強さで、後半は輝かしい活躍でしたね!

 

年齢も当時のままというなんともずるい感じとなっていて(笑)

 

20年前から全く老けてないという見た目となっています♪

 

乗っ取られている間も彼女なりに必死に抵抗したり、頑張っていたのも後半では判明します。

 

最初は敵かと思った存在ですが、実は凄い考えていて、上に立つものとして後半は立派な存在として活躍してくれました。

 

ぜひ折神紫の変化をアニメでチェックしてくださいね♪

 

★刀使ノ巫女の面白い&名場面を無料視聴しませんか?★

>>刀使ノ巫女のアニメ動画全話を無料視聴しよう!