カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した映画「ザ・スクエア思いやりの聖域」が4月28日からいよいよ公開されます♪

 

この映画は、映画評論家のLiLiCoさんや映画監督の瀬々敬久さん、そして漫画家の辛酸なめ子さんなど、名だたる方々が高い評価をしている作品なんです!

 

実際に映画を見た方の感想は、みなさん様々だったようですね♪

 

そこで、今回は映画「ザ・スクエア思いやりの聖域」について、この映画がどのように面白いのか、映画の魅力について調べてみました~!

 

また、映画を上映している劇場(映画館)を全国まとめて紹介したいと思います(^^)/

映画「ザ・スクエア思いやりの聖域」は面白い?

<タイトル>
The Square

<監督・脚本>
リューベン・オストルンド

<配給>
トランスフォーマー

<製作国>
スウェーデン・フランス
ドイツ・デンマーク

<日本公開日>
2018年4月28日

映画のあらすじ

現代アート美術館のキュレーターとして周囲から尊敬を集めるクリスティアンは、離婚歴があるものの2人の娘の良き父親で、電気自動車に乗り、慈善活動を支援している。

彼が次に手がける展示「ザ・スクエア」は、通りかかる人々を利他主義へと導くインスタレーションで、他人を思いやる人間としての役割を訴えかけるものだ。

そんなある日、携帯電話と財布を盗まれたクリスティアンは、その犯人に対して取った愚かな行動によって予想外の状況に陥ってしまう。

出典:http://eiga.com/movie/88313/

 

映画「ザ・スクエア思いやりの聖域」は、2017年に公開されたスウェーデンの社会的ヒューマンドラマです。

 

社会的に成功を収めた男性がトラブルに巻き込まれてしまうようすをジョークとシリアスを織り交ぜて表現されています!

 

他人への無関心や差別、格差社会といった、今の世の中の状況を描かれた作品なんですね♪

 

第70回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、最高賞のパルム・ドールを獲得した映画なので、日本でも注目している方は多いと思われます!

 

人と人とのつながりなど、この映画から学べることはあるかもしれませんね♪

 

映画の予告動画が公開されていましたので、気になる方はぜひご覧ください~!

 

出演者・キャスト

クリスティアン役:クレス・バング

美術館のキュレーター(管理職)。

奥さんと離婚し2人乗娘を育てるキャリアパパ。

過去にはドラマ「THE BRIDGE/ブリッジ」や映画「ドラゴンタトゥーの女」に出演しています。

 

アン役:エリザベス・モス

記者として美術館のキュレーター・クリスティアンにインタビューします。

過去には映画「ミッシング」や「噂のモーガン夫妻」などに出演しています。

 

ジュリアン役:ドミニク・ウェスト

過去には映画「28DAYS」や「モナリザ・スマイル」などに出演しています。

 

オレグ役:テリー・ノタリー

もともとはシルク・ド・ソレイユのパフォーマーを務めていた方です。

パフォーマンスとして出演した映画に「ファンタスティック・フォー」「アバター」「タイタンの冒険」などがあります。

評判・評価や感想まとめ

カンヌ映画祭で最高賞を受賞した映画「ザ・スクエア思いやりの聖域」は、たくさんの有名人・著名人から注目されている作品なんです!

 

お洒落で知的でユーモアのある成熟した大人の映画。

明日は我が身という恐怖を感じながら、俳優たちの名演にゲラゲラと笑ってしまう。

なんだか凄いものを観てしまった。

小泉今日子(女優)

 

現在の平均的なヨーロッパの個人、家庭、社会、

そして、そこに絡む移民の状況を、ユーモアと皮肉をこめて描いた楽しめる映画だ。

坂本龍一(音楽家)

 

スウェーデンらしいブラックさ!

クスクス笑いのあとに人間の行動を深く考える。

あなたのザ・スクエアはどれだけ広い?

LiLiCo(映画コメンテーター)

 

人間の疎外とか使い古された思考を叩き壊し、とにかく笑いとテクノロジーで、新しい体験としてやって来る。

瀬々敬久(映画監督)

 

目を背けたくなるような人間の暗部。

逃げるか、向き合うか。

“誠実さ”って何だろう。

新谷学(週刊文春編集長 )

 

悪夢のようなシチュエーションに、凍りついたり笑ったり。

怖いもの知らずの挑発的な作品!

山内マリコ(作家)

 

ギャラリーで発生する不測の事態や気まずい空気がスリリングで一瞬たりとも目が離せません。

アート以上に人生は不条理だと気付かされました。

辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)

 

そして日本だけじゃなく、海外でもこの映画についての評価は高かったようですね!

 

美術館に集まった裕福なセレブたちがパフォーマンス・アートを鑑賞するシーンは、今年、私が観た中で最も興奮させられた!

あらゆる点で洞察力があり、刺激的で、賢明な作品だ。

マット・ロス監督(映画はじまりへの旅)

 

恐らく、正しい洞察力で現代アートの世界を描いた最初の映画だろう。

ニューヨーク・タイムズ

 

現代社会の不条理と、世にはびこるエリート主義に対する1つの“実験”だ。

デトロイト・ニュース

出典:http://www.transformer.co.jp

 

このような感想から、ちょっと大人な社会人向けの内容になっているみたいですね。

 

映画が好きな方や、美術・アートに興味がある方、これから社会に出る高校生や大学生もこの映画を見てみるのも良いかもしれません♪

 

私が良く映画館で見るのは、迫力あるアクションや、コメディ、ホラー系の映画が多いのですが、こういった心に響くような、社会的な映画も実際に映画館で見てみたいなと感じました!

劇場(映画館)はココ

調べてみると、映画「ザ・スクエア思いやりの聖域」は全国全ての映画館で上映するわけではないようです。

 

なので、上映劇場(映画館)を下記にまとめてみたいと思います。

 

<上映劇場・映画館まとめ>

・北海道:シアターキノ
・問い合わせ:011-231-9355
・公開日:4.28

 

・青森:シネマディクト
・問い合わせ:017-722-2068
・公開日:6.16

 

・青森:フォーラム八戸
・問い合わせ:0178-38-0035
・公開日:6.22

 

・岩手:フォーラム盛岡
・問い合わせ:019-622-4703
・公開日:6.8

 

・宮城:フォーラム仙台
・問い合わせ:022-728-7866
・公開日:4.28

 

・山形:フォーラム山形
・問い合わせ:023-632-3220
・公開日:6.1

 

・福島:フォーラム福島
・問い合わせ:024-533-1515
・公開日:6.15

 

・茨城:あまや座
・問い合わせ:029-212-7531
・公開日:調整中

 

・栃木:MOVIX宇都宮
・問い合わせ:050-6865-3235
・公開日:6.22

 

・群馬:シネマテークたかさき
・問い合わせ027-325-1744
・公開日:調整中

 

・埼玉:イオンシネマ浦和美園
・問い合わせ:048-812-2055
・公開日:6.2

 

・埼玉:MOVIX三郷
・問い合わせ:050-6861-4255
・公開日:6.22

 

・千葉:千葉劇場
・問い合わせ:043-227-4591
・公開日:5.5

 

・千葉:イオンシネマ市川妙典
・問い合わせ:047-356-0205
・公開日:6.2

 

・東京:ヒューマントラストシネマ有楽町
・問い合わせ:03-6259-8608
・公開日:4.28

 

・東京:Bunkamuraル・シネマ
・問い合わせ:03-3477-9264
・公開日:4.28

 

・東京:立川シネマシティ
・問い合わせ:042-525-1251
・公開日:4.28

・神奈川:シネマ・ジャック&ベティ
・問い合わせ:045-243-9800
・公開日:4.28

 

・神奈川:川崎市アートセンター
・問い合わせ:044-955-0107
・公開日:6.9

 

・新潟:イオンシネマ新潟西
・問い合わせ:025-230-8787
・公開日:6.22

 

・富山:J-MAX THEATER とやま
・問い合わせ:076-461-4461
・公開日:調整中

 

・石川:シネモンド
・問い合わせ:076-220-5007
・公開日:調整中

 

・長野:長野ロキシー
・問い合わせ:026-232-3016
・公開日:5.26

 

・長野:東座
・問い合わせ:0263-52-0515
・公開日:6.9

 

・長野:アイシティシネマ
・問い合わせ:0263-97-3892
・公開日:6.16

 

・静岡:シネマイーラ
・問い合わせ:053-489-5539
・公開日:調整中

 

・静岡:静岡シネ・ギャラリー
・問い合わせ:054-250-0283
・公開日:5.26

 

・愛知:伏見ミリオン座
・問い合わせ:052-212-2437
・公開日:4.28

 

・愛知:ユナイテッド・シネマ豊橋18
・問い合わせ:0570-783-668
・公開日:4.28

 

・三重:進富座
・問い合わせ:0596-28-2875
・公開日:6.30

 

・京都:京都シネマ
・問い合わせ:075-353-4723
・公開日:4.28

 

・大阪:シネ・リーブル梅田
・問い合わせ:06-6440-5930
・公開日:4.28

 

・大阪:なんばパークスシネマ
・問い合わせ:050-6864-7125
・公開日:4.28

 

・兵庫:シネ・リーブル神戸
・問い合わせ:078-334-2126
・公開日:4.28

 

・岡山:シネマ・クレール
・問い合わせ:086-231-0019
・公開日:4.28

 

・広島:サロンシネマ
・問い合わせ:082-962-7772
・公開日:調整中

 

・広島:シネマモード
・問い合わせ:084-932-3381
・公開日:6.30

 

・山口:シネマクロール
・問い合わせ:083-227-4811
・公開日:6.16

 

・山口:山口情報芸術センター
・問い合わせ:083-901-2222
・公開日:6.22

 

・徳島:ufotable CINEMA
・問い合わせ:088-678-9113
・公開日:6.9

 

・愛媛:シネマサンシャイン大街道
・問い合わせ:089-986-6633
・公開日:6.2

 

・高知:ウィークエンドキネマM
・問い合わせ:088-824-8381
・公開日:4.28

 

・福岡:KBCシネマ
・問い合わせ:092-751-4268
・公開日:4.28

 

・佐賀:シアター・シエマ
・問い合わせ:0952-27-5116
・公開日:5.25

 

・熊本:Denkikan
・問い合わせ:096-352-2121
・公開日:6.9

 

・大分:シネマ5
・問い合わせ:097-536-4512
・公開日:5.26

 

・宮崎:宮崎キネマ館
・問い合わせ:0985-28-1162
・公開日:6.16

 

・鹿児島:天文館シネマパラダイス
・問い合わせ:099-222-8118
・公開日:6.23

 

・沖縄:桜坂劇場
・問い合わせ:098-860-9555
・公開日:調整中

 

どうやら地域によって映画公開日にかなりの違いがあるようですね。

 

映画公開日が「調整中」となっている劇場や映画館は、実際に連絡して聞いてみるのが良いと思います♪

 

ぜひ参考にしてみてくださいね(^^)/

まとめ

映画「ザ・スクエア思いやりの聖域」が面白くて心に響く内容になっているのか、そして上映劇場(映画館)をまとめてみました!

 

スウェーデンの映画って珍しいなと思いましたが、カンヌ国際映画祭で最高賞を獲得していますし、有名人・著名人からも高評価を得ている作品なので、映画のストーリー内容が気になりますね♪

 

この記事が参考になれば幸いです(^^)/

 

今日も記事をご覧いただき、ありがとうございます☆