「うちのメイドがウザすぎる!」は2018年にアニメ化され、予想以上の突き抜けたギャグと可愛いキャラで話題沸騰となりました!

 

そんな本作のキャッチコピーは「闘うヘンタイ家政婦 VS ロシア系小学生のほっこりしない系?ホームコメディ」です!

 

今回はそんなうちのメイドがウザすぎるに登場するつばめが、自衛官時代に乗っていた戦闘機の機種や性能など、少しマニアックな部分に迫ってたいと思います♪

 

つばめが載っていた戦闘機

本作の主人公・鴨居つばめは元航空自衛官でした。

 

アニメ冒頭では航空機に乗って空を飛んでるシーンもありましたね!

 

 

そんな彼女が乗っていたのは「F-2航空機」です。

 

 

かっこいいデザインがとても人気の戦闘機で、ファンからは「平成の零戦」などと呼ばれています。

F-2の主な特徴

引用元https://interestyou.info/F2

 

アメリカとの共同開発によって生み出された高性能の戦闘機で、F-16をベースにして開発されました。

 

本気の目的は対艦戦闘用ということで、主に敵艦空母などを撃墜するために作られた戦闘機ですね。

 

期待の青さは海の上でのステルス効果も踏まえた洋上迷彩という意味もあり、このように鮮やかな青色となってます。

 

対艦ミサイル4本などが搭載でき、対艦航空機としては世界最強とも言われるほどの重装備となっているのも特徴ですね。

 

ただがむしゃらに強い機体を作ろうとしたわけではなく、きちんと理由があってのことです。

 

日本は四方が海に囲まれてるので、最悪大量の敵が攻めて来ることができますよね。

 

総力では劣る日本が目指すのは「少ない動員でより多くの敵を倒すこと」なんです。

 

その思いの結集がF-2というわけですね。

F-2の主な性能や強さ

引用元http://www.mod.go.jp/asdf/equipment/sentouki/F-2/

 

【最大速度】

  • マッハ2.0(約2400km)

 

【搭載武器】

  • 20mm機関砲
  • 空対空レーダーミサイル
  • 空対空赤外線ミサイル
  • 空対艦ミサイル

 

【その他】

  • 高信頼火器感性レーダー
  • 大推力高信頼性エンジン
  • 対艦対地多機能コントロール

 

 

上記の他にもまだまだ沢山の高性能な要素が詰め込まれていて、まさに日本の最高傑作と言えるF-2!

 

メインは対艦戦闘であるものの、対地や対空も優れていて、まさにマルチな性能となっています。

F-2が関係する作品

作中でF-2が登場したことがあるアニメ作品は結構あるんですよね。

 

戦闘機ファンなら是非チェックしてもらいたい作品をいくつかご紹介します!

 

  • 最終兵器彼女(番組冒頭)
  • ひそねとまそたん(しばしば登場)
  • ぼくらの(第7話で登場)
  • イノセント・ヴィーナス(中盤から後半)

 

上記の作品では、カッコ内の場面でF-2が登場しますよ(^ ^)

 

気になった方は合わせてチェックしてみてくださいね♪

今回のまとめ!

 

つばめが乗っていたのは日本最強の航空戦闘機である「F-2」です!

 

アニメ内の話ですが、日本を守る最強の航空機に乗ってたのが、あの変態っていうのがすごいギャップですよね(笑)

 

値段の高さ以外はほぼ欠点が無いと言われるほどの超高性能機体となっていて、色も鮮やかでかっこよくてとても大人気のF-2。

 

飛行機が好きな人はもちろんですが、興味ない方でもデザインと飛んでる姿を見たらきっと好きになるのではないでしょうか?

 

飛行機ファンの方はぜひアニメを、そうじゃない方はアニメからF-2に興味を持ってほしいですね♪