「うちのメイドがウザすぎる!」は、予想を超えたハードなギャグで話題沸騰したアニメです♪

 

原作は月刊アクションで好評連載中となっています!

 

そんな人気作の中から、今回はミーシャの父親の高梨康弘に迫ってみました!

 

年齢や職業といったプロフィールや、ミーシャに「パパ」と呼ばれる日はあるのか、などあまり明らかになっていない部分について迫ってみました♪

うちのメイドがウザすぎる!の父親は高梨康弘!

CV:加藤将之

 

主人公の高梨ミーシャの父親で、現在は唯一の家族ですね。

 

父親ではありますが、ミーシャは母親の連れ子なので血縁関係はありません。

 

それでも、実の子と同じような、むしろそれ以上の愛情をミーシャに注いでいます♪

 

かなり優しい性格で、特にミーシャのことになると、もはや過保護と言ってもいいほどですね!

高梨康弘の年齢は?

 

年齢は残念ながら一切明かされていないので、推測してみたいと思います。

 

恐らく仕事はプログラマー系だと思うんですよね!

 

会社に泊まり込みで死にそうな顔してた描写もありましたし、家でも作業してるっぽかったですから。

 

 

それでいて、かなり立派な家もあり、家政婦も雇ったりとかなり羽振りもいい・・・!

 

流石に20代プログラマーでは厳しい生活ではないでしょうか?

 

そうやって考えると、30代中後半くらいなら出来なくもない生活かな?って感じですね。

 

ヤスヒロは真面目ですし、若いときからきちんと蓄えたりしてた可能性もありますし。

 

見た目的に多分40代はないかな~?って感じなので、推定30代中後半だと思います!

お父さんと呼んでもらえない

 

作中で、娘のミーシャからは「ヤスヒロ」と呼び捨てにされています。

 

恐らくですが、連れ子ということもあり最初はいろいろ気を使ったことでしょう。

 

奥さんが亡くなってしまって、その忘れ形見のミーシャを甘やかしまくりです♪

 

何をしても怒ることはないので、はっきり言うと舐められてます。

 

ミーシャに話しかけられただけで喜んだり。

 

友達と遊びに行くと聞くとお小遣い1万円あげたり。

 

ミーシャの運動会の勇姿を見るために大型テレビを購入したり。

 

 

そんな激甘な扱いをし続けたこともあり、ミーシャの中のヒエラルキーはかなり下ですね(笑)

 

恐らくペットたちより下でつばめより上くらいじゃないでしょうか?

 

それでも、内心はお父さんと呼んでもらいたいヤスヒロ。

 

父親としての威厳が無い彼ですが、遂に父親っぽいことをするのでした!

初めての叱責

それは、ミーシャが山で迷子になった時のことでした・・・!

 

沢山の人に捜索などしてもらうのですが、そこはつばめが見事に発見して連れて返ってきます。

 

そして、普段ならミーシャが無事なことを真っ先に喜びそうなヤスヒロですが、予想外に開口一番はお叱りでした。

 

 

「君の勝手でこんなにも沢山の人に心配と迷惑をかけた、どうすればいいか、わかるね?」

 

初めて怒られたミーシャは、素直に言うことを聞き、みんなに謝罪するのでした。

 

 

はっきり言ってしまえば、怒ったうちに入らんよ!(笑)って感じですが。

 

まさにつばめと同じ心境ですよ!

 

高梨親子のささやかな進歩が感じられてとてもほっこりしましたね♪

 

こんな感じで、ヤスヒロも父親としてはまだ未熟というか、成長段階なんですね。

 

今後もミーシャとの信頼関係を築きあげていけばおのずと「お父さん」って呼ばれる日は来るでしょう。

 

ということは、つばめ的には「お義父さん」になるんですかね?(笑)

うちのメイドがウザすぎるの父親まとめ!

 

ちょっと推測と希望ばっかになってしまって申し訳ありませんが、

 

父親のヤスヒロの年齢は推測で30代後半前後。

 

お父さんと呼ばれる日は、ミーシャとヤスヒロがもう少し成長すれば必ず来るって感じですね!

 

また推測ですが、きっとつばめが何かしらの介入をしてお父さんと呼ぶ流れにしたり?

 

そんな野暮なことはしないですかね?(笑)

 

というわけで、今回は優しすぎる過保護、高梨康弘のご紹介でした♪