「とある魔術の禁書目録(インデックス)」は鎌池和馬原作のSF異能バトル系のライトノベル作品で、様々なメディアミックスで展開されている作品です。

 

アニメは2008年に第1期が放送されて以降は2018年現在までに第3期まで制作されていて、劇場版も大ヒットを記録しました(*^^*)

 

今後もまだまだ続編が制作される期待の高い、まさに異能バトル作品の金字塔と言える人気作となっています!

 

今回はそんなとある魔術の禁書目録に登場するいまだ謎多きメインヒロイン、インデックスの正体や本名に迫っていきます♪

インデックスについて

 

本作のメインヒロインで、詳細は内容は割愛しますが、魔術師から逃げて学園都市に来たところ、たまたま引っかかったベランダの住人である主人公の上条当麻と出会いました。

 

その後は生活を共にしていくこととなります。

 

基本的には明るく元気で、聖職者でありながらだらしない面が目立つ彼女ですが、実は魔術側からすると超重要人物で、そんな彼女は一体何者なのかご紹介していきましょう!

インデックスって何者?正体は?

 

インデックスはロンドンの聖ジョージ大聖堂で育ち、イギリス清教内の「必要悪の教会(ネセサリウス)」に所属するシスターです。

 

完全記憶能力という一度見たら忘れることはない特殊な能力を持っています。

 

その能力を使って、常人では見ただけで気がおかしくなってしまいそうな魔導書を10万3000冊分も記憶させられてしまいます。

 

その記憶は魔術師からすればとてつもない価値のあるもので、それを奪うことができれば魔神と呼ばれる超強い存在に匹敵する力を得れるとのこと。

 

そのため、インデックスは魔導書図書館や禁書目録と呼ばれ、様々な人物からその身を狙われることとなってしまします。

インデックスの本名は?

 

残念ながら現在は作中ではインデックスの本名及び年齢は明らかにはされていません。

 

というのも、彼女は上条と出会うまでは1年毎に記憶をリセットされるという状況にいたため記憶が無いのです。

 

なぜそんな事になったかというと、完全記憶能力のせいで脳の記憶する部分には15%しか空きが無いから1年分の記憶でパンクする、その前に消して容量を戻す。

 

というのが建前で。

 

実際は1年毎に記憶を消さないと脳が破壊されるという首輪をつけられているからで、首輪と言ってもガチガチな首輪ではなく術式みたいなもので、喉の奥に刻まれています。

 

それがあるから逃げることも出来ないし、万が一インデックスが他国に盗まれても、1年以内に死ぬという悪用させない保険をかけてたって考えるとなかなかやってることエグいですよね…。

 

ちなみに、本名とかでは無いですが、魔術師には魔法名というのがあります。

 

本気を出す際に名乗る名前なのですが「Dedicatus545(献身的な子羊は強者の知識を守る)」というシスターらしい名前を持っていますよ♫

インデックスの正体まとめ

 

残念ながら出生や本名などはまだ明らかにされていなくてお伝えできなかったのですが、とりあえず大変な境遇に置かれている女の子なのは伝わったかと思います。

 

それでも普段は明るく元気で食欲旺盛な子って考えると、自分の立場をわかっていながらも強い子ですよね。

 

きっと今後も少しづつ彼女の秘密が明かされていくと思いますので、気になった方は是非アニメや原作をご覧になってくださいね♪