映画「アイトーニャ~史上最大のスキャンダル~」は、トーニャハーディングの実話を元に作られた作品です!

 

トーニャは、過去にナンシー・ケリガン襲撃事件の首謀者として、フィギュアスケート界に衝撃を与えた人物なんですね。

 

この映画では、そんなトーニャの半生が描かれているんだとか!

 

今だにトーニャに対して批判の声が多いようなんですが、今回はそんなトーニャハーディングの現在について調べてみることにしました!

 

また、配偶者や子供はいるのか、家族構成についても迫ってみたいと思います。

トーニャハーディングの現在は?職業はなに?

 

映画「アイトーニャ~史上最大のスキャンダル~」の主人公・トーニャハーディングは、実在する人物なんです!

 

アメリカのオレゴン州ポートランドに生まれたトーニャは、貧しい生活ながらも母親に厳しく育てられ、ついにはフィギュアスケートでオリンピック代表選手に選ばれるほどの選手に育ちました。

 

ですがトーニャは、ナンシーケリガンというライバル選手を蹴落とすために、彼女を襲撃する事件を企てたんです!

 

※詳しい事件の真相はこちらの記事からどうぞ♪

アイトーニャの映画は実話の事件が元になった?母親や家族との関係は?

 

警察の捜査により、トーニャハーディングの元夫が逮捕され、トーニャが事件の首謀者だったことが発覚!

 

事件のその後のトーニャの人生は、波乱万丈なものとなりました。

 

まず、事件の裁判にかかった費用が4,000万円にも膨らんだことで、どうやって生活していけば良いのか迷ってしまったみたいなんです。

 

そして何を思ったのか、「The Golden Blades」というバンドのボーカルを務めるも、事件を知っている観客からは激しいブーイングが飛び交ったんだそう。

 

そこでトーニャはバンドを辞め、ボクサーに転向しました。

 

 

アマチュアボクシング大会「セレブリティボクシング」に出場しないか誘われた彼女は、最初の試合で勝利を収めたんです~!

 

このボクシング大会は、世間を騒がせた女性同士の戦いの場として有名でした。

 

その大会で勝ったのもあって、1994年から本格的にボクシングへと転向するものの、「姑息だから」という理由でリングを去ってしまうんです。

 

ボクシングでは、そこまで悪くない成績を収めていたようなのに・・・。

 

中途半端に辞めちゃって、なんだかもったいないなと感じました(^^;)

 

 

そして次にトーニャが挑戦したのが、女優です!

 

これといって演技が上手い訳でもなかったようで、作品自体ヒットすることもなく、3作品目からオファーがなくなったみたいですね。

 

このように、いろんな仕事に挑戦するも、なはかなか芽が出ず長続きしないトーニャは、華々しい世界から一旦距離を置くことに。

 

周囲の視線を気にするようになり、工場などの肉体労働の仕事を行うことで、生活していました。

 

1998年になると、アメリカのTV番組からオファーを受けたトーニャは、怪我を負わせてしまったナンシーケリガンと対面します。

 

そして直接彼女に謝罪をしたことで、2人の和解が成立したと報道されました。

 

 

翌年の1999年に、特別にプロスケーターとして選手権に招待されたトーニャは、この大会で2位という輝かしい成績を収めます。

 

フィギュアスケート界で再出発できるようになったものの、2000年に彼氏への暴行で逮捕されてしまうんです~!(/_;)

 

この逮捕により、完全にプロスケーターとしての道が閉ざされてしまいました・・・。

 

 

せっかくのチャンスを棒に振ってしまったんです~!

 

本当にもったいないですよね!

 

2008年からは、「Rumble in the Cage」という大会で総合格闘家になったトーニャ。

 

フィギュアスケートからボクサーや総合格闘家などに転向し、まずまずの成績を収めるのって、結構凄いことなんじゃないかなと感じました。

 

トーニャ自身、才能に恵まれ、運動神経抜群だったんじゃないかなと。

 

最近では、映画の授賞式に登場したり、ドキュメンタリー『Truth and Lies: The Tonya Harding Story』でトーニャが幼い頃に受けた虐待や貧しい家庭環境などを語る場面がありました。

 

 

事件から数十年たった今でも、「加害者を美化するのはおかしい」「なぜ彼女が映画やテレビで取り上げられるんだ」「よく平気な顔して喋れるな」といった意見が殺到したみたいですね。

 

これだけ批判を受けているトーニャハーディングですが、2018年4月30日から米ABCで放送される『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ:アスリート』に出演することが判明しました!

 

 

この番組は、芸能人やスポーツ選手らがプロの社交ダンサーから猛特訓を受け、毎週ステージで勝ち抜きのダンス決戦を繰り広げる内容になっています。

 

トーニャの半生を描いた映画「アイトーニャ~史上最大のスキャンダル~」をきっかけに、徐々にメディアから注目され始めているみたいですね!

 

良くも悪くも注目されているトーニャなので、今後もテレビ出演する機会が多くなりそうだなと感じました。

配偶者や子供など家族はいるの?

トーニャハーディングは、1993年にジェフ・ギルーリーと離婚するも、1995年にマイケル・スミスと2度目の結婚をしました!

 

ですが、わずか3ヶ月で破局したとのこと!

 

スピード破局だったんですね(^^;)

 

2010年には、カラオケバーで出会ったジョセフ・プライスと3度目の結婚を果たし、2011年に息子のゴードンが誕生!

 

息子について、「世界で最も素晴らしいこと」と語っていたんだそうですよ♪

まとめ

トーニャハーディングの現在から、配偶者や子供など家族について迫ってみました!

 

いかがでしょうか?

 

トーニャの人生を見てみると、本当に波乱万丈だなと感じましたし、世間から批判を受けても突き進む姿が凄いですよね。

 

まだまだ注目されているトーニャなので、今後もテレビ出演する機会は多いと思われます。

 

家族もいることですし、これからは事件などを起こさずに、落ち着いて生活していってほしいですね♪

 

今日も記事をご覧いただき、ありがとうございます!

トーニャの関連記事もどうぞ♪

アイトーニャの映画は実話の事件が元になった?母親や家族との関係は?